次の試合、ウエスカはアウェーでオビエドと対戦します。ウエスカのキャプテンは今年も引き続き両県の象徴的な場所に関連するキャプテンマークを着けて試合に臨みます。

次の試合、ウエスカはアウェーでオビエドと対戦します。ウエスカのキャプテンは今年も引き続き両県の象徴的な場所に関連するキャプテンマークを着けて試合に臨みます。

ウエスカ側には中世の時代アラゴン王国で最も重要な修道院だったサン・フアン・デ・ラ・ペーニャ修道院があります。石灰岩に覆われ、プレロマネスク様式の教会や貴族の霊廊ロマネスク建築の財宝である回廊が一際注目されています。

アストゥリアス側にはコバドンガの洞窟があり、コバドンガの戦いを勝利に導いた聖母像が祀られ、アストゥリアス王国の初期の王たちの遺骸が収められています。

どちらも岩の内部にあること、大きな森がある環境という点が特徴です。歴史的伝統の象徴であり、ハカもアウセバ山(カンガス・デ・オニス)も観光客や巡礼者が頻繁に訪れる場所です。それを山の「くぼみ」をまねた構図で表現したいと考えました。

コバドンガ(アストゥリアス州)

コバドンガは聖母巡礼の重要拠点で、毎年何千人もの人が訪れています。コバドンガのバシリカはピコス・デ・エウロパの中心に位置し、山や森に囲まれ、観光客はその美しさと歴史的建造物群に驚き、スペインでも訪問者の多いモニュメントの1つとなっています。

サン・フアン・デ・ラ・ペーニャ(ウエスカ県)

サン・フアン・デ・ラ・ペーニャ修道院は素晴らしい複合建築群で、ロマネスク建築の財宝、アラゴン王国最初の霊廊です。10世紀初頭、洞窟に建てられたこの建物は、歴史と文化、そして自然が融合した不思議な場所です。また、この場所はサンティアゴ巡礼のアラゴンの道の一部となっています。

ここでは修道院のバーチャルツアーがお楽しみいただけます。